basso viper ハンドル周りのメンテナンス

右肩の痛みの原因究明のため、
ハンドル周りをチェックする。
なんと、右ブレーキが中心の方に傾いていた!!
写真では分かり難いが、かなり傾いていた。

<傾いた状態の写真>


これが、原因だったか。
さっそく、ブレーキカバーをめくり、
取付けナットを六角レンチで緩め、直して締める。

<取付けナットの位置左(シマノ)>


<正常になったハンドルの写真>


さらに、調べると、ハンドルの中心マーカーが
3~4mm右にずれていた。
恐らく、フラットパイプ状態で中心マーカーを入れ、
それから曲げて、ドロップハンドルに加工しているものと推測できる。
ということは、重心は正確なのだが、加工の精度が悪いということか。
あくまで、推測ですが。
一応、ハンドルを右に3mmずらしてみた。

<ハンドルを右に3mmずらした写真>


車体を持ち上げて、ハンドルが左右にブレるかチェック。
ブレなかったので、良しとした。
プロの競輪選手のバイクが20~30万円らしいから、
変速付きのロードバイクなら、30万円以上のものでないと、
精度不足なのかもしれない。
たぶん、一生買えそうにない??
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Copyright © 気ままに All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons