一陽来福

新年会用のポスターです。



一陽来復、転じて 『一陽来福』

寒い冬が終わり、暖かい春がくることと、皆様に福が来ますように、
との思いを込めて書かれたそうです。

今年も福が一杯来るといいですね
スポンサーサイト

町内Aブロック新年会準備

これが幹事としての最後の仕事で、一番大変な『新年会』

参加者:大人51人、子供14人、乳児4人
欠席の世帯は、3世帯のみ!

予算:7,000円/1人
場所:某料亭
ビンゴゲームなどして盛り上げます。

景品を準備するにも、50人分となると袋詰するだけで3時間はかかります^^;

早く終わって欲しい・・・


町内会長に選ばれました





定例総会で町内会長に選出され承認されました。

1年間、明るく楽しい町内になるよう精一杯頑張ろうと思います。

趣味のトライアスロンも、もちろん頑張っていきます。

こういうことになろうとは思ってもいませんでした。

初めてのことなので不安で一杯。

とにかく前に進むしかありません。

町内会長の看板を引継ぎ責任の重大さを改めて感じました。


J-ALERTの確認

J-ALERT設置場所の確認と
無線機収納ボックスの開閉チェックを実施して来ました。

前町内会長から引き継いだ鍵を持ち、設置場所へ行きました。
しかし、設置場所の範囲が広く発見できず、
管理事務所で聞くと管轄は違うがと言いながらそれらしい物を教えてくれました。

ボックスに鍵を差し込み回すと開いたので、これがそれであるようでした。
内部もマニュアル通りの装置であることを確認しました。

やはり、一度チェックしておいて良かった
いざとなったら、狼狽えていたに違いないなあと思います。

J-ALERT屋外拡声子局は市内に151箇所あります。
私に該当するのは1箇所。

※全国瞬時警報システム(J-ALERT)は以下の時自動放送されます。
1.有事の時
  弾道ミサイル情報、航空攻撃、特殊部隊、大規模テロ
2.自然災害発生
  緊急地震速報、噴火警報、津波警報、洪水




防火管理者資格取得

火災発生時に人命への被害大と考えられる福祉施設や
不特定多数の多くの人が利用したり大きな防火対象物では、
防火管理者を置かなければならないことが消防法で決められています。

当町内の集会所も、昨年消防から防火管理者を置くよう指導されたので、
講習を受け、資格取得して来ました。

講習を最後まで受けば合格できるので難しい資格ではありません。
資格とった後の方が、責任が大きく大変です。






飛騨バス旅行

町内Aブロックのバス旅行、今年は、白川郷、ひるがの高原方面。

近所の皆さんと行くバス旅行も楽しいものです。

バスガイドのお話が面白くて勉強になります。

普段使わない脳細胞が刺激されて、ボケ防止に役立つということです。

食べる方も盛んで、体重などおかまいなし。
こちらの方が楽しみですね。

  

  

町内会教養研修会

今年度の町内教養研修会は「悪質商法」の対処法について
消費生活センター所長による講座を企画しました。

市内でも数十人の方が、悪質な商法で被害にあっていて驚きました。
なんと3,000万円も被害にあった方もいたそうです

講演後は、ランチ懇親会へと進み、参加料500円の21名参加。
予算にゆとりがあったので、コース料理にビール付と奮発しました。

コストパーフォーマンス最高!!
皆さんに、とても満足していただけました。

また、36歳で亡くなった私の母親の同級生が偶然にも参加していて、
そのことを知らされ、不意打ちをくらって、
泣き出しそうになるのをどうにか堪えました。
母とその方は、旧M町出身なので、本当に偶然です。

非公式ですが、来年の会長に内定していて、
その方も来年の班長なのでちょくちょく一緒になります。

母親に出来なかった親孝行をできたらと思います。
今日は本当に"良い会"でした。


冬の準備

勤労感謝の祝日に、町内の消雪装置点検を実施し、降雪に備えました。




まず止水栓を開け、ポンプ稼働し出水。

消雪装置配管の錆落としをします。

ポンプ停止し、止水栓を閉めます。

再びポンプ稼働し出水。

目打ちでノズル掃除、マイナスドライバーで吐水量を調整します。

最後にポンプ停止し、自動出水にして終了します。

後は、積雪感知センサーが働くと自動で出水するようになります。

作業終了後、役員選考委員会を開催し、
次期会長・副会長・会計の候補者の発表があり全員一致で承認されました。
新年の総会で承認されて、正式な役員となります。
大切な仕事を無事終え、肩の荷が降りました。

自宅の水道栓の締まりが悪かったので、ケレップ交換もしました。



元栓を閉めてからやらないと、大変なことになりますよ~

アベノミクスの恩恵かな

アベノミクス効果でしょうか。
3世帯の住宅が当町内敷地に新しく建ちました。
人口減少の時代に有難いことです。

さらに、4世帯分の宅地化の話が進行中です。
農地を宅地化するのは色々と根回しが必要です。
農業生産者組合長、土地整理区画組合長の承認がなければ、できません。

今、農業生産者組合長が難色を示しています。
利害関係の少ない町内会長が一番相談しやすいのか。
行政指導というものを得やすいのか。

生産者組合長が相談に来ました。
何とか話がまとまって、町が発展してくれたら願うばかりです。
Copyright © 気ままに All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons