松任ロードレースに思うこと

マラソンブーム。

マラソン大会、特にフルマラソンの大会が活況を呈しているようですね。
東京マラソン、奈良マラソンに加えて、大阪マラソン、神戸マラソン、京都マラソン。
→2011大阪マラソン
→2011神戸マラソン

かたや、県内のフルマラソン大会は、七尾和倉万葉マラソン、全国健勝マラソンに加えて
金沢シティフルマラソンが開催されそうです。
金沢シティフルマラソンが開催されたら、県内のマラソン大会は二極化するのではと思います。

特に「松任ロードレース」田園を走るでもなく、市内を走るでもなく、
キ〇〇ビールも無くなり、10マイルという距離もどうなんでしょう。
公認で平坦なコースなので、資格をとり易いそうですが、県駅伝と日程が重なったりしたら最悪です。
もう少し、特色を出して欲しいです。例えば、開催日を5月~7月にするとか。
このままだと、選手より運営委員・役員が多いという事態にならないのかと心配です。
スポンサーサイト

30kmの壁

30kmの壁。
フルマラソンに出るようになって、知った言葉です。
まだいい方ですよ。
私に至っては、25km辺りからジリジリ落ちて、30km手前でゾンビ状態ですわ。
壁みたいに、ドスンとくるんでなく、だんだんと傾斜が強くなる下り坂を転がるようです。
残り12kmは、歩いたほうが速いんではと思われるペースで何とか完走してる状態です。
eA式には、『30kmの壁』の3つの対処方法が書かれてます。
(宣伝になるし、公開してもいいよね)

1.30kmレースペース走
 フルのレースを利用して、30kmまでレースペースで、残りをJOGにするかDNF。
 欲を出すと本番に間に合わなくなります。
 →こんなん、できねえぞ。途中で、我慢するなんて。最後までイキます!
2.ロング走+疾走
 30km~40km走った直後に、1~5km全力疾走。
 マラソンレースの30km~35km過ぎの状態をつくりだす。
 →できそう
3.ロング走+レース
 30km~40km走った翌日に、ショートのレースに参加。
 タイムは二の次です。
 →レースを練習にするなんて、発想の切替がなかなかできそうにないなあ・・・

『壁は自分の思い込み』と言われたりしますね。
「30km=壁」と洗脳されているのかもしれませんね。
それなら、「30km=まだ半分」と思い込めばいいのではと思い、
40kmロング走練習で、「30km=まだ半分」とひたすら刷り込んでいます。 
それでも、20km過ぎると、残り半分だ頑張ろうとなってしまいます。
で、20km~25km区間のペースが上がり、35km~40km区間がしんどくなります。
一度、洗脳された脳はなかなか、思うように変わりません。
とるに足らないどうでもいい悩みですが・・・

今後の計画

今期はランの強化という位置づけで、
SWIM、BIKEは二の次です。
SWIMレースも県体以来、ご無沙汰です。
高校水泳部OB会の常任委員でありますが、
陸上部に転向したような有様です。
OB会だけは、出席しておかねばと思っております。
さて陸上の今後の計画ですが、

3/13 七尾和倉万葉の里マラソン
4/17 全国健勝マラソン

とフルマラソン2本立てで臨みます。
一本目の七尾和倉万葉は、定石通りユトリのペースで、
二本目の全国健勝は、レースペースと考えています。
七尾和倉は調整せず、
ロング走30kmのペース+キロ10秒ぐらいのイーブンペース。
全国健勝は調整して、
ミドル走のペースで30kmまで、残り12kmをキロ15秒落ちぐらいのペース。
と目論んでます。

とりあえず、最初の七尾和倉万葉まで、ロング走2本、ミドル走2本を実施しようと思っております。

シューズのサイズ

シューズのデザイン、メーカー、重さにばかりとらわれて、
サイズや履き方についてそれほど意識していませんでした。

迷ったら、ワンサイズ大きいシューズを買っとけば
いいやみたいに思ってました。
普段履きからランニングシューズまでも、みんなそんなふうでした。
ややルーズなシューズを買って、
紐でキツメに締めて調整するというパターンです。
ところが、

『プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!』
(リンク貼っときました)

というブログを知ってから、
適正なサイズを買って、紐は足に合わせるように締めています。
それからは、足のトラブルが随分と減りました。
普段履きは問題にならなくても、
ランニングとなると負荷がかかるので、トラブルとなったりします。

お陰で、右足の爪4本死んでいたのが、快方に向かってます。
こういう貴重な情報を公開してくれる人は有難いなあと思います。

TEAM白山練習会(木場潟)

画像クリックするとアルバムヘ↓ [撮影:なみさん]

今日は快晴だ~
 絶好のランニング日和。
  BIKIさんのお世話で、GOODな練習ができました。
   なみさん、飴・チョコ、ゴチでした。
   TEAM白山、金沢RCのみなさんお疲れさまでした。
   木場潟、走るのは初めてです。
  遠くにそびえる白山が、なんと素晴らしいことか。
 清々しい気持ちになりました。
 たまたま、駅伝大会と重なりましたが、
そこはローカル、隣を走ったりでき楽しかったな。
豊かな自然の中を走る。
贅沢なひと時でした。また来よう!

eA式プレ仕上げ期に移行

eA式の走り込み期を継続して、ミドル走、ロング走でひっぱって、
2週間前に調整して本番レースを迎えようかなとも思っていました。
その方が、楽だし、レースペースが読めそうな安心感がありました。
しか~し、それじゃ面白ない。
おこがましく、次のレベルに進んでみました。

 プレ仕上期の 坂道インターバル を実施。

200m×10本やってみましたわ
坂の最後10m程で脚に効いてくるような負荷でやってみました。
負荷・・・弱~普通といったところでしょうか。
自分の感覚なので、どの程度のものなのかはよく分かりません。
登りきった後のJOGで、負荷が下がり、案外10本は無理なく終えられました。

終わった後、軽くJOGでクールダウン。
あっけなく終わりました。
脹脛を触ってみましたが、張りもありません。
もっと、追い込まんといかんかったのか?
失敗だったたかもと思いました。

ところが、ところが、暫くするとジワジワと効いてきました。
いつの間にか、脹脛が張っていました。
オ~コレコレ、この脹脛の張り。
バシバシと脹脛を叩いて、満足感に浸りました。
いい練習になったのかは、レースの結果次第です。

坂道インターバルの経過

坂道インターバル練習から2日経ちますが、
脹脛の張り、臀筋の筋肉痛がとれません。
やってる時は、全然感じませんが、後になって効いてくるようです。
お酒と一緒ですね。
飲んでから、2時間ほどしたら効いいてくるあの感じです。
調子にのってやり過ぎると、後が大変といったところです。

この坂道インターバルを週一回のペースで後2回。
3/9までやり、3/13の能登和倉万葉の里マラソンはロング走という捉え方です。
坂道インターバルで脚を重くして、「ピークを外す」という自分なりの考えです。

イーブンでやるのか、ビルドアップでやるのか、
30km以降はJOGにするのか、どうしたらいいのでしょうかね。
高揚して、そのまま走ってしまわんようにせんとね。
時計見ないように、走ったらいいかなと思っとります。

で、このマラソンレース後は「仕上期」に移行します。

川内優輝選手ヤッタ~

<東京マラソン ゴール手前の川内選手 TV撮影>


出場されたTEAM白山、マラソンWEB練習日記の皆様、
無事完走されましたか??

市民ランナー川内選手が、追い上げて
2時間8分37秒で日本勢最上位の3位!!

ゴ~ルした時、思わず目頭が熱くなりました。
世界選手権にも内定したそうです。
他の選手には申し訳ありませんが、
何かハッピーエンドのドラマを観た後の清々しさがありました。

爪が快方に向かっています

汚い?My足を公開してすみません。

 <2011.03.01>            <2010.110.4>


左写真が現在(2011.3.1)の爪の状態、右写真が昨年(2010.11.4)の爪の状態。
4ヶ月経過で、随分爪の状態が良くなっています。
どうして、いい方に向かったかといいますと、以前にも御紹介しましたが

 『プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!』

というブログで、シューズの履き方と選び方を参考にしたからです。
お陰様で、足のトラブルはなくなり、練習も心配なくできるようになりました。
ありがとうございました。

足のトラブルに悩んでなくても、一度ブログをご訪問してみたら、
きっと、得るものがあると思いますよ!!
Copyright © 気ままに All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons