七尾湾岸トライアスロン大会2 中日新聞(成績・写真)

『第三回七尾湾岸トライアスロン大会』(2007.7.15) 
 中日新聞記事全文(10頁)↓



画像の右側にマウスを置くと『NEXT』が表示されるので
クリックして下さい。次の頁に進みます。<10頁>
→七尾湾岸トライアスロン
スポンサーサイト

県体参加 参加することに意義がある?

昨日は、県体(水泳)に参加。
50mバタフライ、50m自由形、メドレーリレーの3種目。
いや~みなさん速い!
S泳会のN先輩、金沢リトルとNYの松井選手に会いに
アメリカまで行っているにもかかわらず、
大会新を出していた。
そんな中で、一人だけ浮いている私だった。
最後は、0.01秒のタッチ差で負けるし、いいことなし。
反省会では、反省もせず、元気であった。

我が県は、かつて水泳が強い県だった。
母校水泳部OBの大崎先輩はローマ五輪で銀メダル。
今年、世界水泳殿堂入りも果たす。
ほんと、異次元の凄さ。
私は、『泳ぐ+走る+こぐ』で頑張ろう。
というわけで、ようやくチャリ注文。
ヘソクリが 0 だ。
レースに参戦する金がないではないか~~

東山アクアスロン大会

今日は東山アクアスロン大会に参加してきた。

☆★Aコース男子総合3位★☆

まぐれとしか言いようがない。
SWIMでは、隣のコースを泳ぐという
考えられないミスを犯したにもかかわらずである。
まあ~ラッキーなこともあるさ。

アットホームな雰囲気。
これでもかというくらいのサービス。
ボランティアのみなさんの優しさ。
豊かな自然。
住民の方々の暖かい応援。
一級品の大会だった♪

ありがとうございました

<アットホームな大会運営>


<GOAL!!>


<3位の景品:お米3kg>


加賀健勝マラソンで初フルに挑戦

来週の4月20日(日)は、 とうとう加賀健勝マラソン(フルの部)の日となった。
40km走は3回こなしたものの、やっぱり福士選手と同じで30km過ぎからが心配だ!!!
アップダウンあり、制限時間が5時間。
初フルにしては厳しいコース。
キロ6分、4時間12分目標にガンバだ。
シューズは、故障を避け、アシックスのニューヨークを選択。
さあ、完走目指して、GO!

グーグルマップにコース図を作成してみた。

***【加賀健勝マラソンのコース図】***
-<1>-
加賀健勝コースDATAを得る
→加賀健勝コースDATA

-<2>-
枠内の加賀健勝コースDATAを
全て選択して、コピー(Ctrlキー+Cキー)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>から
・・・・
・・・・
・・・・
</LineString></Placemark></Document></kml>まで

-<3>-
ジョギングシミュレータへ↓
→ジョギングシミュレータ

-<4>-
〔データ読込〕をクリック



-<5>-
コピーしたDATAをペースト(Ctrlキー+Vキー)


-<6>-
〔読み込み〕をクリック

-<7>-
コースが表示される


赤マーク・・・1kmのマーク
青マーク・・・5kmのマーク

*****************

全国健勝マラソン日本海大会'08

天気晴れ、風強し。
いよいよ初フルに挑戦。
キロ6分、4時間12分を目指してスタート。
前半5kmほど、キロ5分40秒でオーバーペース。
その後27km地点までは、マイペース。
この辺りで、右ふくらはぎ、つりそうになる。
給水所で右ふくらはぎに、水をかけたら、つってしまった!
様子見ながら、走っていたが、ペースを維持しようとすると、
つりそうになったので、完走目標に変更。
残り5kmぐらいから、制限時間との戦いになった。
なんとか制限時間5分前にゴ~ル!!
TIME:4時間55分20秒。
ゴールした後、Aさん、Sさんが待っていてくれて、うれしかった♪
みんなと別れた後、おにぎり を食べようとして、口を開けたら、
両足のふくらはぎを つってしまった。

故障で、1年半ぶりのマラソン大会。
怪我せず、完走できて感謝です。


























トライアスロン練習コース

ご存知のように、トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目。
3種目同時にやろうとすると、練習場所が限られてくる。
近くの、松任総合運動公園を利用している。
スイムは公園内のプールを利用。
バイクはここからバードハミングまで往復すると、ちょうど50km。(下に詳細map)
ランは公園内のA,B,Cコースを組み合わせて10km。

今日もここで、練習。

<結果>
・swim1500m:23'36"
・bike50km:1:42'51"
・run1km:51'52"
[TOTAL:2:58'19"]

<バイク練習コース詳細>
   +は拡大、-は縮小、>は動画スタート、Aは標高付大Map

珠洲トラ大谷峠対策2<坂尻から獅子吼>

珠洲トラ大谷峠対策、第2弾、大げさな。
近隣バイカーでは、超有名な『獅子吼コース』
今回は、坂尻から獅子吼までのコースを上ってみた。

<坂尻入口>


取り付きから、ガツンとくる急坂。
心拍数が急上昇。
なんとか、我慢できる斜度だ。

<坂尻から風吹峠のMAP>


平均斜度7.7%、距離3.9km。
大谷峠とほぼ同じだ。
前回の「鍋谷和佐谷」の平均斜度8.5%から比べると、楽ちんだ。
20分ほどで、風吹峠。

<風吹峠>



ここからは、ゆとりができる上りとなる。
手取川扇状地を見渡せて、
気持ちのいいコースだ

<風吹峠からサーキット場のMAP>


平均斜度4.2%、距離5.2km。
終点は、ラジコンカーのサーキット場となっている。
上った時には、代表決定戦の日で、賑わっていた。

<サーキット場>



大谷峠対策なら、風吹峠までで、良いようだ。
根性入れるには、「鍋谷和佐谷」が良い。
次回は、月橋からのコースを上ってみよう。

珠洲トラ大谷峠対策3<月橋から獅子吼>

獅子吼登坂には、坂尻からと月橋からの2コースある。
今回は月橋からのコースを上ってみた。

<月橋からのMAP>


平均斜度8.5%、距離4.1km

<鶴来街道から左折>


コメヤ薬局手前を左折。
突き当たると入口が待ってるよ~ん

<登坂入口>



上り始めると、直ぐに心拍数が急上昇。
なんとか、我慢して、
中間程まで来ると、斜度が緩くなり、
ルンルン気分でサイクリング。
1kmほどだろうか、また斜度がキツクなる。
ここからは、斜度アップ・ダウンを4回繰り返す。
インターバル練習と思えば、気が楽だ。
4本目が終わると、分岐点に到着。
同じ8.5%の傾斜だったが、鍋谷和佐谷より楽に感じた。
力が付いてきた♪ということだろうか?
まさか!
ここから獅子吼方面に上らず、引き返して帰ることにした。
坂尻からと比べると、道が広く明るかった。

<坂尻・獅子吼との分岐点>



素朴な疑問だが、下る練習はしなくてもいいのだろうか??

県民体育大会の代表選手に

今年も、県民体育大会の代表選手に派遣されることになった。
代表という言葉の響きに身の引き締まる気持。
最近は、SWIM練習疎かにしているので、とても不安。
『レーザーレーサー』を買いた~い!!

<通知書>


Copyright © 気ままに All Rights Reserved. 
  • Designed by Fons