FC2ブログ

孫の寝返り


生後6か月弱で寝返りができるようになったらしい。



寝返ってテレビを見てますが



まだ仰向けに戻れないようで、苦しくなり泣いているとのことでした。
スポンサーサイト



孫帰る

昨年の暮れから里帰りしていた娘と孫
昨日車で新潟へ帰りました。
孫の泣声もなくなり、一緒に入った風呂も1人だけ
愛想もないなぁ~

<チャイルドシートに載って帰りました>







またね~~

久しぶりの散歩

積雪のため、外出を控え孫と遊んでいます


寝てばかりいたので、後ろ頭の髪の毛が、擦れてなくなりました


久しぶりに晴れたので散歩に出かけました。


電車が来ました~

正月は孫とべったり

相変わらずデカい孫。
身長は平均よりやや高めぐらい。
体重はMAX
抱っこしてると腰にくる。
重い。
かろうじて膝で支えて抱っこ。
どういうふうに育っていくのだろうなあ。





市町から感謝状を頂く

町内会長の役職を8年間務めたので、市長より感謝状が贈呈されました。
今年はコロナ禍のため、贈呈式は中止となり、M地区町会会長から渡されました。
あっという間の8年間でした。
なんとかやって来れたのも、家内の協力があればこそです。
感謝です。

今年は行事をほとんど中止しました。
こんな状況になるなんて思ってもみませんでした。
来年はワクチンが効いて、例年通りの町内活動ができればと思います。


融雪装置の点検作業

当町内会では毎年勤労感謝の日(11/23)に融雪装置の点検作業を実施します。
この作業をする頃になると、冬の訪れを感じずにはいられませんね。
スノータイヤに交換する作業もぼちぼち始まります。
点検作業は業者に頼むところが多いですが、私の町内会は自分たちで行っています。
千枚通しでノズルのつまり、マイナスドライバーで吐水量の調整をします。
この融雪装置は、道路に埋め込まれたパイプから水を散布することで、
積もった雪を溶かしたり、路面の凍結を防いだりします。
町内には、この装置が張り巡らされています。
ポンプで汲みあげた地下水で散布しています。
配管の錆で路面が赤茶色に染まる箇所もあります。
ドレン(排水口)近くの配管がよく詰まります。
ドレン近くのノズルが続けて3つ詰まって全く吐水してない所がありました。
業者に頼んで、汚泥吸引車で泥を吸い取ること1時間。
ようやく復旧しました。
これで安心して冬を迎えられます。

<汚泥吸引車の後姿と復旧した融雪装置>

初参り

若宮神社へ初参りに行ってきました。
孫は明日、新潟へ帰ります。
また会える日を楽しみに待ってるよ。

孫に目力がつきました

睨み返す


見つめる

孫の1か月健診

1か月健診に行ってきました。
母子ともに異常なしとの診断でした。
が、一日の体重増加が平均より1.5倍らしい